自然言語処理の国際会議「ACL」の完全読破を目指しています。
自然言語処理の発展のため、勉強会や交流会を企画していきます。